外国人ITエンジニアは貴社のテレワーク要員として活躍します!

ポストコロナ、ウィズコロナの世界は見えていますか?

グローバル規模のテレワーク時代になります

 新型コロナウィルス感染症の影響で働き方が大きく変わりました。ひとつの事務所に社員や、派遣社員、パートナー会社要員全員が集まって開発をしていた時代は、もはや再来しないでしょう。

 現在、IT関連に限らず、多くの企業において、自宅で会社と同じだけの業務ができるような環境が整備されつつあります。将来は、毎日通勤電車に乗って会社に通わなくとも、物理的に同じ空間にいなくても、問題なく仕事ができるようになっていくに違いありません。

 コロナショックにより行動範囲は極端に狭まるかもしれませんが、さらにグローバル化は進展し、繋がる相手は無限に広がります。貴社はそのような世界でどのように業務を進めていきますか?

reapleはフィリピン人ITエンジニアの活用を提案します

 日本では、この先もずっとITエンジニア不足が続きます。自社の人材不足を業務委託として外注先に頼ることにも限界がきています。なぜなら、外注先も人手不足だからです。それならば国境を越えて貴社の開発を担うITエンジニアと一緒に仕事をしてみてはどうでしょうか?

 ポストコロナの世界において、国籍や居住地はもはや意味をなさないでしょう。必要なのは、自社の仕事をきちんとこなしてくれるエンジニアです。当社は、フィリピン人ITエンジニアを貴社の業務メンバーとして提案します。貴社の社員でも派遣社員でもなく、パートナー会社要員でもなく、フィリピン在住のテレワーク要員として、仕事を任せてみてはどうでしょうか。

フィリピンには優秀なITエンジニアがたくさんいます

QCD(品質・価格・納期)において満足いただける体制です

 フィリピンのダバオ市では、毎年1000人以上がIT系学部を卒業し、IT企業やフリーランスで働くITエンジニアの数が年々増加しています。私たちは彼らの中から貴社の要求に見合うスキルの人材を募集し、貴社にもオンラインで面談をしてもらい、オフショア会社(NEXT BPO Solutions「以下NBPO社」※1)にて貴社専任のエンジニアとして雇用します。貴社メンバーと共に業務を遂行し、加えてNBPO社内に各業務専門のマネジメントスタッフをおくことで、業務の品質を確保してまいります。

reapleは、貴社のオフショア事業をサポートします。

 ある調査サイトによると、すでに日本のIT企業の6割がオフショア会社を活用しているそうです。その理由は何か、1番は価格です。特に東南アジアのオフショア会社は、給与格差があるため人件費が安く、日本のオフショア会社と同じレベルの仕事でも価格は1/2程度、1人月30万円~50万円といわれています。

 しかし、私たちが提案するフィリピン人ITエンジニアは、管理者費用や経費も含めて1人月20万円程度(※2)で、Webやアプリの開発業務を担います。私たちはなぜ低価格を実現できるのか、それはNBPO社の社員として現地給与で雇用すること、NBPO社側に高給ブリッジSEを置かないこと、貴社とNBPO社に直接契約してもらうことで、日本企業である当社が開発業務には携わらないことがその理由です。
(当社は、人選を含めた導入から契約までのサポートを行います)

 NBPO社では日々の業務管理については、独自のシステムを導入し、業務進捗状況を貴社と共有できる体制をとっています。共有されたスケジュールに沿って業務を進め、日々貴社へ報告を入れることも可能です。就業時間も貴社に合わせ、いつでもコンタクトが取れるようにしているため、急な予定変更にも即対応が可能です。

※1: NEXT BPO Solutions, Inc.:フィリピンのダバオ市に本社を置くアウトソーシング会社
※2: 1人月単価は要求スキル及び業務内容により異なります

NBPO社はグローバル規模で拡大中

 実際にNBPO社と業務提携している企業は米国やドイツ、オーストラリア等各国にわたり、それぞれのクライアントから高い評価を得ています。その証拠に設立10年で10ケ国以上、オフショア要員も250人以上になりました。各社が長期間にわたって契約していることも評価の高さを証明していると言えるでしょう。

 また、現在(2020年4月)の実質的な都市ロックダウンの状況にあっても、ウィルス感染防止策を徹底、テレワーク体制も確立し、オフショア要員の業務は滞ることなく続いています。

信頼できるエンジニアと共に

 フィリピンは日本の被開発援助国であり、日本から様々な援助を受けていることを人々はよく知っており、日本に対して絶大な信頼を置いています。また、日本のアニメやマンガも人気で、若者にとって日本は憧れの国です。彼らは全面的に日本人に信頼をよせ、長きにわたり日本の会社のために働くことを希望しています。そんなロイヤリティのあるエンジニアと共に仕事をしてみたいと思いませんか?

将来は現地法人設立も、日本での社員雇用も可能

 NBPO社と数人から仕事を始め、数十人規模へ業務を拡大、ついには、オフショア要員を直接雇用に切り替え、ダバオに現地法人を立ち上げた企業もあります。最初から現地法人を設立するのは、リスクが高く、特に人材面での不安は大きいと思います。そういう時こそ、まずは一緒に働いてみるということが有効ではないでしょうか。貴社の社員にしたい人が見つかれば、直接雇用に切り替えることも可能、日本で働くのであれば、当社は査証取得手続きの支援もいたします。

まずは少人数から小さく始めてみましょう。

 少子高齢化社会となり、どんなに技術が発展しても社内の限られた人材だけで業務を完結するのは難しくなっていきます。信頼できるパートナー会社を持つこと、それぞれの強みを活かして連携していくこと、それは企業が生き残っていくためのひとつの解ではないでしょうか。まずは当社へお問合せください。

フィリピンITエンジニアとの仕事をどのように始めるのか、ていねいに説明をさせていただきます。
もちろんオンライン会議を基本として!