新型コロナウィルス感染症により世界が大きく変わりました。

オンライン業務が拡大し、働き方が大きく変わりました。国内外の場所にとらわれない業務が世界各地で進みつつあります。
また、他国に遅れた日本のデジタル化も浮き彫りになり、今後より一層、日本社会でDX(デジタルトランスフォーメーション)は推進されることでしょう。

新型コロナウィルス感染症は未知なる病であるが故、その対応策も同等です。先進国も途上国も社会的距離をいかにとり、感染拡大を遅延させるかが唯一の方策、オンライン業務やDXのニーズは世界共通の課題です。ポストコロナに向けた日本の知見や技術も活用できるはずです。

この機会に新しい挑戦を始めてみませんか?
これまでのように日本人の代替として、外国人ITエンジニアを採用するのではなく、異能、異質から生まれるイノベーションのシーズとして、また、世界へビジネスを拡大する戦略人材として、外国人ITエンジニアの活用を提案いたします。

提案1:フィリピン人ITエンジニアを貴社の社員に!
親日家でもあり、フレンドリーでコミュニケーション能力の高い彼らは、貴社のエンジニア仲間とうまく人間関係を築くことができます。

⇒海外人材紹介サービスはこちら

提案2:フィリピン人ITエンジニアをテレワーク要員として!
今では、グローバル規模のテレワークも可能。まずは、小さなプロジェクトから始めましょう!

⇒オフショア事業支援サービスはこちら

新しい世界で、新しい仲間と、新しい未来を築いていきましょう!
reapleは、貴社の新しい挑戦を応援します。